『川治湯元駅→龍王峡駅』ハイキングのレビュー

ハイキングマップ.PNG  ●コース概要
 川治湯元駅→(1.4㎞50分)→小網ダム→(1.1㎞30分)→浜子橋→(1.0㎞30分)→白岩園地→(0.3㎞10分)→白岩展望台→(1.2㎞40分)→むささび茶屋→(0.8㎞25分)→虹見の滝→(0.4㎞10分)→龍王峡駅

 ※2019年7月19日(金)朝10時半スタート
 ※歩行時間計3時間15分、距離6.6㎞、高低差118m、
  (休憩、昼食を含めると約4時間のハイキングコースです。)
 ※対象:初心者

川治湯元駅.jpg
 まずゴール地点の龍王峡駅の無料市営駐車場に車を停めて、野岩鉄道会津鬼怒川線でスタート地点の川治湯元駅まで行きました。
 電車で2駅とすぐですが、本数が1時間に1~2本しかないので注意が必要です。

温泉街分岐.jpg
 最初は舗装道路を通ってハイキングコースまで下ります。

鬼怒川沿い.jpg
 黄金橋を渡ると山道に入ります。最初の目的地「小網ダム」まではダムで堰き止められた鬼怒川を横目に緩やかな山道が続きます。

沢.jpg
 沢も流れていて冷たい水で顔を洗ったりしながら、とても気持ちよく歩きました。

小綱ダム.jpg
 最初の目的地である小綱ダムです。ここから先は舗装された道路を暫く歩きます。
 また、ダムを超えた対岸には川治温泉駅があります。

浜子橋.jpg
 ダムから歩いて30分、浜子橋に到着です。ここから先は舗装道と山道が交互に続きます。

ランチ.jpg
 白岩半島です。ハイキングコースから少し外れると河原に出られます。ここで昼食を摂りました。

白岩園地.jpg
 白岩園地です。ここで白岩バス停及び展望台へ分岐します。体力がまだ余っていたので、白岩展望台に寄り道します。

白岩展望台2.jpg
 分岐からキツイ登りを上がって約10分。白岩展望台です。何も見えません。

むささび茶屋.jpg
 白岩展望台から約40分。むささび茶屋です。ここにはトイレや休憩スペースもあり、軽食や飲み物も販売されています。私はリポビタンD(150円)を購入して休憩させていただきました。

底なし沼.jpg
 希少なカエルや植物が生息している湿地帯を通ります。

虹見の滝.jpg
 むささび茶屋から約30分。最後の観光スポットである虹見の滝です。今まで歩いてきてほとんど人に出会いませんでしたが、ここには観光客が沢山いました。

無料駐車場.jpg
 虹見の滝からは階段を登ること約10分。車を駐車していた龍王峡駅の無料市営駐車場に戻ってきました。

●総評
 この川治湯元から龍王峡駅までのコースは整備が行き届いていて、アップダウンも少なく歩きやすかったです。今回は6.6㎞(3時間15分)のハイキングでしたが、途中の川治温泉駅をスタート又はゴール地点にすれば約半分のコースにもなります。

 ただ飲み物はむささび茶屋でしか売ってないので水筒もしくわペットボトルの持参を推奨します。また熊出没注意の看板も出てますので熊除けの鈴も必要です。
 装備さえしっかりすれば初心者でも十分に楽しめるコースでした。

このハイキングで宿泊した宿→鬼怒川温泉『若竹の庄』一人泊の感想

最後まで「『川治湯元駅→龍王峡駅』ハイキングのレビュー」を読んで頂きましてありがとうございました。