猿ヶ京温泉『湯元長生館』一人旅レビュー

湯元長生館.jpg
 今回の一人旅は群馬県と新潟県の県境に近い、猿ヶ京温泉『湯元長生館』にお世話になりました。谷川岳への登山&紅葉狩りのために利用させていただきました。

旅館名 / 住所 湯元長生館(ちょうせいかん) / 群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京1178
電話 0120(73)1133

●男湯(内湯、露天)、女湯(内湯、露天)
・男女入れ替えなし。
・内湯と露天風呂は別の場所。(露天には洗い場なし)
・内湯は24時館入浴可。露天は夜8時まで(朝は日の出から)
・飲泉可。
・カルシウム-ナトリウム-硫酸塩泉、源泉かけ流し

「湯元長生館」を選択した理由

①15000円以下の宿 ②露天風呂高評価 ③無料Wifiあり ④朝夕部屋食

「湯元長生館」の感想

ロビー.jpg
 館内のロビーで記帳します。ロビーでの応対はあまりよくありません。その後、部屋へ案内され鍵を渡されます。非常口の説明はありませんでした。
 女性の中居さんの応対は良かったのですが、男性スタッフは、そのへんにいるおっさんという感じでした。

一人旅.jpg
 部屋は8畳縁側付きです。壁や襖は染み等がありましたが、畳と障子は綺麗でした。清掃レベルも良好で、気持ちよく過ごせました。
 あと壁が薄いせいか、となりの部屋の音がするのが気になりました

紅葉.jpg
 部屋の窓からの景色です。ほとんど森ですが、紅葉が見れたので良しとします。

階段.jpg
 露天風呂へは正面口から外へ出て、約80段の階段を下った場所にあります。そのため、夜8時までの入浴時間となります。

露天風呂.jpg
 露天風呂です。広くて景色も良く最高です。ただし洗い場はないので、一旦着替えて内湯にいかなくてはいけません。内湯も窓や浴槽が広くてとても満足できました。

 露天、内風呂とも源泉かけ流しで、とても綺麗な湯です。広さ、景色とも素晴らしくレベルは最高ランクです。

飲泉.jpg
 湯元長生館の温泉は飲泉が可能です。入り口脇(上記画像)と内湯にて飲むことができます。

部屋食.jpg
 夕食です。品数は多くありませんが、山の幸を生かした美味しい食事でした。一万円前後の宿泊費を考えると、満足できる内容だと思います。
 ちなみにビンビール660円、日本酒1100円(税込み)です。

朝食.jpg
 朝食は期待しない方が良いでしょう。たぶん今まで宿泊した宿の中では最低ラインの内容です。ただ湯元長生館のお米はとっても美味しくて、朝夕ともたくさん食べれるのが救いでした。

●宿泊料金 (宿泊したのは2019年11月の金曜日)
プラン名 :一人旅♪”全室部屋食”で気兼ねなく 和室8〜10畳(洗浄器付きトイレ)
宿泊料(2食付)11,600円、入湯税150円、の合計11,750円(税込)

●その他
・無料Wifiは部屋でも利用可能で、通信速度も十分です。
・電気自動車充電器あり。

●総合評価 ★★★★☆(星4)
(清潔感3 接客3 風呂5 食事3 価格5)
 価格と風呂はトップレベルに素晴らしいです。しかし食事や清潔面、接客はある程度の妥協は必要です。ただそれも許せる範囲なので、このコストなら満足できると思います。

詳細はこちら→猿ヶ京温泉「湯元長生館」

 最後まで『猿ヶ京温泉「湯元長生館」一人旅レビュー』を読んで頂きましてありがとうございました。