『かんぽの宿 石和』一人旅レビュー

かんぽの宿石和.jpg
 今回の一人旅は石和温泉の『かんぽの宿 石和』にお世話になりました。弥三郎岳への登山のために利用させていただきました。

旅館名 / 住所 かんぽの宿 石和 / 山梨県笛吹市石和町松本348-1
電話 055-262-3755

●男湯(内湯、露天)、女湯(内湯、露天)
・男女入れ替えなし。
・入浴時間 到着~午前0時、翌朝5時~9時
・アルカリ性単純温泉 PH9.08
・源泉100%(但し加温、循環ろ過、塩素投入あり)

「かんぽの宿 石和」を選択した理由

①15000円以下の宿 ②口こみ高評価 ③無料Wifiあり

「かんぽの宿 石和」の感想

石和温泉駅.jpg
 私は車で行きましたが、石和温泉駅からも徒歩7分と近いです。

ロビー.jpg  宿に着くと、フロントで宿帳に記帳します。そこで夕食や風呂等の施設の説明を受け、部屋の鍵を渡されます。出迎え等はなくビジネスホテルのような印象です。但しフロントの応対は好感が持てました。

売店.jpg  ロビーには売店もあり、館内には缶ビール等の自動販売機もあります。

宿泊部屋.jpg  部屋はツインルームです。リフォームされていて広く清潔感があり、快適でした。加湿器、空の冷蔵庫、氷水、電子ロックの金庫がある点も高評価です。

景色.jpg  部屋からの眺めです。三階に宿泊しましたが、南アルプス連峰が見渡せます。

露天風呂.jpg  露天風呂はそれほど広くありません。4人くらいが限度だと思います。街中なので景色は見えませんが、清潔感があります。内湯は広いです。

中庭.jpg  中庭です。池には鯉が泳いでいました。綺麗に剪定されていて、風呂あがりにスリッパで歩くことが出来ます。

夕食.jpg  夕食は2階のレストランで振る舞われます。この夕食が『かんぽの宿 石和』の唯一の欠点と言えるでしょう。安価な宿泊費用を考慮してもボリューム不足です。ご飯がおかわりできるので、お腹いっぱいにはなりましたが……。

 あと画像の飲み比べは頼まない方が良いでしょう。各おちょこにお酒は少ししか入ってません。日本酒はグラスで頼むのがおすすめです。500円前後で一合弱飲めます。

朝食バイキング.png  朝食はバイキングでした。時間は7~9時です。種類も豊富で味も美味しく、とっても満足出来ました。

●宿泊料金 (宿泊したのは2020年2月下旬の日曜日)
プラン名 / 宿泊料(2食付) : 昇仙プラン / 13,550円(税込)

●その他
・無料Wifiは部屋でも利用可能で、通信速度も十分です。
・電気自動車充電器なし。

●総合評価 ★★★☆☆(星3.5)
(清潔感4 接客4 風呂4 食事3 価格3)
 この『かんぽの宿 石和』は以下の二つを除けば文句の付けようのない素晴らしいホテルです。
 まず風呂です。PH9.08の泉質は肌をツルツルにしてくれます。その分、源泉かけ流しでないことが悔やまれます。

 もう一つは夕食です。13000円前後の安価を考慮しても、ボリュームと種類が全く足りません。そして味も普通です。『かんぽの宿 石和』は夕食以外のコストパフォーマンスが非常に高いので、この夕食が悔やまれました。

詳細はこちら→かんぽの宿石和

 最後まで「『かんぽの宿 石和』一人旅レビュー」を読んで頂きましてありがとうございました。